Home>オススメ情報 >従来の有線放送が進化【店舗BGMアプリで導入が楽になる】

従来の有線放送が進化【店舗BGMアプリで導入が楽になる】

店舗で流す音楽の注意点

スマホで音楽を購入してダウンロードする人やYouTubeなどを活用して音楽を聴く人は多いものの、それは個人的な視聴を目的としたものです。店舗でBGMとして流す場合、例え購入したCDでも勝手に流すことは違法行為となってしまうため必ず許可を取る必要があると言えるでしょう。許可を取るための手続きとしてはまず著作権管理事業者に商用利用申請を行わなければなりません。著作権使用料の支払いを行なう他、利用許可がとれれば実際に店舗で流すことができます。ただし、許可を取るまでにおよそ2週間近くかかってしまうのですぐに使用することはできないと言えるでしょう。

著作権侵害での罰則

もし無断で店舗BGMとして使用した場合、民事上の請求と刑事上の罰則が課せられるということを知っておくと良いでしょう。民事上の請求でも損害賠償の請求や不当利得の返還請求、名誉回復や侵害行為の差止請求があります。民事調停、いわゆる双方の話し合いで穏便に解決することもありますが、最悪な場合は訴訟になることもあるでしょう。民事調停が行なわれることなく訴訟ということもありますが、有罪判決されてしまうと法人の場合は3億円以下の罰金が課せられてしまいます。ですから、著作権には十分な注意が必要だと言えるでしょう。

有線放送や店舗BGMアプリなら安心

月々いくらか支払って利用することができる有線放送や店舗BGMアプリであれば著作権申請の手続きを行なう必要はありません。手続きは代行してもらうことができるため、契約したらすぐに利用を開始することができるでしょう。著作権の侵害で罰せられることもないため、安心して利用することもできます。

広告募集中